降圧剤を使わないで血圧正常

降圧剤を使わずに血圧を正常にする

降圧剤は一時的に血圧を下げる効果がありますが、高血圧を治す薬ではありません。血圧を下げることは脳梗塞や心筋梗塞のリスクを軽減することができますが、その分副作用も報告されています。めまいなど降圧剤の種類によって症状が異なりますが、高血圧によるものとは別の病気にかかりやすくなります。さらに降圧剤を服用し続けると経済的にも負担がかかります。そこで、降圧剤を使わないで高血圧を改善することが重要です。最も基本的なことが食事の見直しと言われています。日本人の食事は高血圧を引き起こす塩分が多い傾向にあります。現代の日本人は摂取目安の倍以上の塩分を摂取していますが、突然塩分を減らすと料理が美味しくなくなります。ストレスが蓄積すると体に悪影響を与えるので、ラーメンのスープをなるべく飲まないなど減塩を心がけます。出汁は塩分を少なくしても味わいに深みを与え、酢や香辛料には塩分が含まれていません。日本人の食卓に欠かせない味噌汁は、具を多めに入れることで塩分量の多い汁を少なく盛り付けることができます。外食は味付けが濃くて野菜が少ないので、ミネラルやビタミンなどが不足します。しかし全く外食しない生活は難しいので、バランスを意識して注文します。例えば定食や単品とサラダ、魚中心のおかずを選びます。そして、天然の降圧剤と呼ばれるカリウムを摂取します。カリウムは過剰摂取した塩分を体外に排出する働きがあります。摂取量に特に決まりはありませんが、腎臓が悪い人以外はカリウムの摂り過ぎで健康を害することはありません。カリウムはアスパラガスやほうれん草といった野菜類や、芋類、バナナやプルーンなどの果物に多く含まれています。